日本最大級のグループ医療機関(100を超える医療機関を運営)にてレセプト点検専用ソフトウェアマイティーチェッカーを導入

2017/5/31

日本最大級のグループ医療機関(100を超える医療機関を運営)にてレセプト点検専用ソフトウェアマイティーチェッカーを導入
グループ病院における経営分析ソリューションが着実に増加

 レセプト点検専用ソフトウェア開発及び医療データ分析を行う、株式会社AWSホールディングスの子会社、株式会社エーアイエス(本社:東京都文京区、代表取締役社長:上野直、以下エーアイエス)は、日本最大級のグループ医療機関にて、「医療データ分析ツール」を導入いただきましたことをお知らせいたします。

 導入いただきました、エーアイエスの主力商品である「マイティーシリーズ」は、国内初のレセプト点検・分析ソフトウェアとして開発され、これまで東京大学附属病院をはじめ数多くの医療機関へ導入いただいている実績がございます。

 この度、全国各地で100を超える病院や診療所を運営し、日本最大級の医療機関グループにて採用頂き、マイティーチェッカーでチェックを行ったレセプトデータを、医療データ分析ツール(BIツール)にて利用することにより、グループ内での病院間の比較や経営データの分析が可能となることから、グループ医療機関の経営向上に資するツールとして幅広く活用いただいております。

 近年、医療業界では、システム化・情報化が普及し、日々の診療の中から生まれる情報量は膨大なものとなっています。医療データ分析ツールは、日々、蓄積される医療データから経営指標、臨床指標、医療安全、患者満足度、部門業務量、各種統計指標等のデータを分類・抽出、これらを加工・分析することで、病院経営の詳細な分析、業務の効率化、医療の高度化、患者様へのサービス向上に向けた重要な役割を担っております。

5000億円規模に拡大が見込まれる医療ビッグデータ市場をターゲットとするエーアイエスは、レセプトデータ分析に係る診療分析や、査定返戻分析に係る医療機関の経営分析機能を他社に先駆けて開発し、専属のデータベース運用・解析チームを保有している点に大いなる優位性があります。

 今後は、レセプトクラウドで入手した医療ビックデータの分析事業を拡大すべく、レセプト点検・分析ソフトの更なる機能強化を行うとともに、これまで培ってきた査定データの分析ノウハウを活かし、同市場における迅速な市場占有を目指すとともに、この度の日本最大級のグループ医療機関への導入を皮切りに、全国に約540あるグループ病院*に、本格的な受注獲得に向けて事業を加速してまいります。

*グループ病院:3施設以上の医療機関を持つ団体をグループ病院と定義。

■本件に関する問い合わせ
http://www.aws-hd.com/about-us/contact-us.html